Event is FINISHED

第37回渋沢・クローデル賞受賞記念講演会

Description
本講演会はオンライン(Zoom)で開催いたします。
参加方法の詳細につきまして、ページ下部を必ずご確認ください。

第37回渋沢・クローデル賞の受賞者による講演会です。今年度は、御園敬介『ジャンセニスム生成する異端―近世フランスにおける宗教と政治』、須藤健太郎『評伝ジャン・ユスターシュ 映画は人生のように』、髙木麻紀子『ガストン・フェビュスの『狩猟の書』挿絵研究』の三作が奨励賞に選ばれました。通常は授賞式とともに、受賞記念講演をしていただきますが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で授賞式は開催いたしません。その代わりに、オンライン講演会の形で、今回の受賞作を軸にそれぞれの研究について語っていただきます。

演題
  • 御園敬介「ポール=ロワイヤルからジャンセニスムへ」
  • 須藤健太郎「ジャン・ユスターシュとその時代」
  • 髙木麻紀子「ガストン・フェビュスの『狩猟の書』と中世末期の世俗美術」

渋沢・クローデル賞について
渋沢・クローデル賞は、日仏会館と読売新聞社が主催する学術賞です。日仏両国において、それぞれ相手国の文化に関してなされた若手のすぐれた研究成果に対して贈られます。これまでの受賞者については、こちらをご覧ください。

______________________________________
【イベント概要】
「第37回渋沢・クローデル賞受賞記念講演会」
挨拶:中島厚志(日仏会館理事長)、徳毛貴文(読売新聞東京本社編集局文化部長)、ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所長)
講評:三浦 篤(渋沢・クローデル賞審査委員長)
講演:御園敬介(慶應義塾大学)、須藤健太郎(東京都立大学)、髙木麻紀子(東京藝術大学)
閉会の言葉:中地義和(日仏会館副理事長)
司会:澤田 直(日仏会館常務理事)

  • 開催日時:2020年9月26日(土) 18:00-19:30
  • 会場:オンライン(Zoom)
  • 参加費:無料
  • 主催:日仏会館 読売新聞社
  • 協賛:(公財)渋沢栄一記念財団 学校法人帝京大学

【参加方法】
・本講演会はWeb会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使用して開催します。インターネット接続のあるパソコン、タブレット、スマートフォンからご参加いただけます。
・ウェビナーのリンクは、当日9月26日(土)正午頃にPeatixの「イベント視聴ページ」(アクセス方法についてはこちら)で公開するほか、Peatixのメッセージからもお伝えいたします。9月26日(土)正午以降にお申し込みいただいた方は、「イベント視聴ページ」に掲載されるリンクをご確認ください。
・講演会当日は、開会15分前の17時45分からご入場いただけます。

【注意事項】
・ウェビナーのリンクを、他の方と共有したり、SNS等で拡散したりしないよう、お願い申し上げます。
・本講演会は(公財)日仏会館が録画いたします。(公財)日仏会館以外の録画や録音は固くお断り申し上げます。

______________________________________

公益財団法人日仏会館
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#731337 2020-09-10 01:39:00
Sat Sep 26, 2020
6:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加登録 FULL
Organizer
公益財団法人日仏会館
476 Followers

[PR] Recommended information